いやー、眠いなぁ。とっても眠いね。だから、寝ようと思うんだ、パトラッシュ……僕はいま、とっても幸せなんだよ、パトラッシュ……お、おっとっとっと、これはこれは皆さんこんばんわ、香陸です。ほら、パトラッシュ、キモイから向こうに行っといで、クサイ! クサイよ! おまえはクサイんだ、パトラッシュ! ニオウ! いいから、わかったから、おまえは大通公園の鳩とでも遊んでおいで、はとぽっぽしておいで、クルックるーるー。あーあ、じゃあ、気を取り直してこんばんわ、エブリバディ、エブリマインド、元気かい? 僕は不健康です。

 寝不足なんだよね。慢性的にさ。仮眠しかしてないんだ。たぶん、あれ、寝てない。当たり前ー! クぷぷぷぷー! 爆笑? 悶絶? あー、死にてー。いま、なんだか猛烈に飛ぼう!って思ったよね。飛翔しよう、とね。だからさー、もう、タンでもカットしちゃおっかなーとか思う。あれだよあれ、タン・カット。巷で大流行だよね。伝説のタン・カッター「駒巌田雄二」とか懐かしー! あれらしいよ、コマさんとかインタビューに来た女性レポータに「あなたのタンはどこにいったんですか?」って訊かれたときに「天国に行きました」ってヘブライ語で即答したらしいよ。かっこいー! 意味わかんねー! 日本語喋れ!

 本当は食べちゃったらしいけどね。

 コマさんとか自分のタンを食べ終わった後に岸田今日子を呼びつけて、「美味しゅう御座いました」ってうそぶいたらしいよ。レジェンド!! 伝説だよねー! タンとか食べちゃう以前に岸田今日子を呼びつけることがレジェンド。伝説。まあ、その伝説とかいまでも続いててさ、この前なんかコマさん信者たちにこう呟いたらしいよ。「ベッカムにサッカーを教えたのは俺だ」ってね。すごいだろ、コマさん。伝説だよ。その後にこう続けたらしいんだ。「何を隠そう……」ってね。

 倒置法。

 そんで懲りずに言うわけ。「窪塚洋介に倒置法を教えたのは俺だ」ってさ。もうね、何を隠そうレジェンド。伝説の男だよ、コマさんは。もうね、周りの信者もみんな一人残らず頷いたらしい。「だから、窪塚の喋りは……そうか、やっぱりね……そうか、むしろ、そうじゃなきゃあの喋りは……」ってさ。非常に納得。時折、コマさんとかすごい説得力のあることを言うんだよね。

 タン、ねーのによー。