ノックスの十戒

ロナルド・A・ノックス

  1. 犯人は物語の初めのうちから登場している人物でなければならない。また、読者が疑うことのできないような人物が犯人であってはならない。

  2. 当然のことながら、超自然的な作用や神秘的な能力は物語から排除されなければならない。

  3. 秘密の部屋や抜け道は、たかだかひとつしか許されない。そういった装置が予期されうるような家屋で犯罪が行われるのでない限り、抜け道は一切持ち込まれてはならない。

  4. これまでに発見されていない毒物や巻末に長い科学的説明を必要とするような器具が用いられてはならない。

  5. 物語に中国人が現れてはならない。(

  6. 偶然の出来事が探偵を助けるようなことはあってはならない。また、正しいことはわかっているのだが説明はできないというような直観を探偵がもっていてはならない。

  7. 探偵自身が犯人であってはならない。

  8. 読者に提示されていないような手がかりを探偵が発見していてはならない。

  9. 探偵の間抜けな友人(ワトソン役)は、彼自身のあらゆる見解を読者に明かさなければならない。また、彼の知性は少しだけ(しかし、ほんの少しだけ)平均的な読者より劣っていなければならない。

  10. 双生児や一人二役(あるいは二人一役)は、前もって読者に正当に知らされているのでない限り、姿を現してはならない。

【註】
ノックス司教の時代、もっとも使い古された物語上の仕掛けのひとつに、悪人として「別の大陸」から「中国人」を登場させる、ないし、他国のエキゾチックかそうでなければ一風変わったキャラクタを登場させるというものがあった。この項目はそうした物語の構成に対する反応であり、「人種差別主義者」のそれを意図していたわけではない。

原作: Msgr. Ronald A. Knox
原文:“Father Knox's Ten Commandments”(from The Diogenes Club)

翻訳:香陸(It was translated into Japanese by Kourick.)