「空を飛ぶにはどうしたらいいと思う?」
「飛行機に乗りなよ」
「違う違う、俺が自力でってこと」
「飛行士になれば」
「いや、そういうのじゃ満足できないんだ」
「崖から飛びなよ」
「死ぬって」
「死なないように崖から飛びなよ」
「じゃあ、仮に飛ぶとするだろ?」
「うん」
「落ちるじゃん」
「落ちるね」
「落ちちゃ駄目なんだよ」
「そう?」
「飛ぶってことは落ちちゃ駄目なんだよ」
「そうかな」
「せいぜい降り立たなきゃ駄目なんだよ」
「私の勘ではあなたが飛ぶの当分は無理ね」
「鳥みたいにさ、優雅に飛びたいわけ、俺は」
「鳥になりなよ」
「無理だよ」
「あのね、あなたさっきから駄目だの無理だの……」
「なあ、頼むよ、俺さ、わりと本気なの」
「まぢで?」
「まぢまぢ」
「あなたの本気ってふざけてるよね」
「お前の言葉はいま俺のこころを傷付けました……」
「もう」
「どうにかならないものかね」
「しかたない、じゃあ、ちょっとそこで羽ばたいてみて」
「ここで?」
「そう」
「まぢ?」
「まぢまぢ」
「よっしゃ、いっちょやってみっか」
「いけいけやっちゃえ」
「いきます」
「はい」
「どう?」
「もっと羽ばたいて」
「モア・スピーディ!モア・クィックリィ!」
「いいぞ!いけ!やれ!」
「こういう感じかぁー!」
「もっと飛びそうな感じでー!」

「…………」

「なに?」
「お前馬鹿だろ」
「殺すぞてめー」
「す、すまん……」
「はっ、結局ね、あなたは本気で飛びたいとは思ってないわけよ」
「失礼な」
「だから空を飛びたいとか不自由なことしか思い付かないわけ」
「違うよお前、なまら自由だよ、空だぞ」
「飛んでからいいなさいよ」
「あー、俺は不自由だー」
「まるっきりね」
「今日の晩飯なに食おうかなあ」
「それにね、ふっ、空の上には死があるのよ」
「…………」
「…………」
「なに巧いこといってんだよ、頓知かよ」
「なによ」
「お前は頓知小僧かっつうの。空の上関係ないし、唐突すぎ」
「どうでもいいけど、あなた頭の回転遅いよね」
「うるさいな」
「だから飛ぶことできないのよ」
「それは関係ありません」
「で、今日なに食しちゃう?」
「お前」
「あんた馬鹿だわ、やっぱ」