僕はちょこんと飛び跳ねた。
 陽だまりはぱしゃんと弾けると、すすすと空気に拾われる。
 いつもの光に虹がかかると、ふわっと緑の雲に晴れ間が広がる。

 地面のアスファルトは地球で、真っ白い絨毯を敷き詰めたみたい。
 木々は青々と緑を湛えて、ざわざわと茶色い両手をふるふる振るわす。
 ああ、もう、僕ってば、途端に坂を転がり落ちて、舞い上がっちゃってた。

 ふわっと宙を泳いで、紅い水蒸気の中に潜る。
 ざばっと顔を出すと、一面水色さ。
 ぱちゃんとやると飛沫があがって、色はまっ逆さまに落ちはじめる。

 僕はざぶんと潜ると宙に出る。
 透明な視界が広がって、緑の雲と紅い水蒸気で満たされる。
 いつの間にやら、それが当たり前だと思ってた。

 ごめんなさい、僕ってほんとは弱いんだ。
 嘘をついててごめんなさい。ほんとはもっと弱いんだ。
 強いだなんていわないで。ごめんなさい、それってほんとに辛いんだ。

 ごめんなさい、いつの間にやら、陽だまり弾けた。
 なんだいなんだいだらしない。
 ぽちゃんと陽だまり、また広がった。

 こんにちわ。わたしは風よ、南風。ご存知かしらと風が言う。
 知らないや、北風だったら知ってるよ。
 なら知ってるようなものじゃない、東も西も健在よ。

 それなら僕も知ってたや。知らないだなんて嘘っぱち。
 そうね、可愛い。なんだかわたし、あなたが気に入ってしまったわ。
 それなら良かった。僕も君が嫌いじゃない。

 嬉しいわ。今度はお花と遊びましょうよ。
 君はどこかに行ってしまうの?
 いえいえ、わたしはあなたと一緒。お花と話して遊びましょう。

 ああ、こういうのって嬉しいな。こういうのって幸福さ。
 良かったわ。今度はあなたの笑顔がみたいわ。
 それは楽しみ。なんだかとっても温かい。

 これって幸せなんだよね。