空に雨がざーざーと降り注ぎ、夕焼けを群青色に染め抜いた。
 行きかう人々は一斉に真紅の雨傘から降りるとそれを片す。
 黄金色の霧が晴れだすと、皆、思い思いの帰路にたつ。

 白い風が僕の脇を通り過ぎ、ふいに緑の袋を落としていった。
 僕はそれを拾い上げるとぱたぱたと、白い風に向かって振り上げた。
 途端に慌てて白い風が戻ってきたが、寸前、車に轢かれてしまった。

  …………。

 僕はぱたぱたの腕を下ろすと、ふるふると首を振った。
 いつだって、なにかが消えてしまうのは悲しいことだ。
 そうこうしてるといつの間にやら目の前に、緑の風がちょんといた。

 こんにちわとご丁寧にも緑の風は御辞儀した。
 僕はこんにちわと頭を下げると、ぱたぱたと緑の袋を振り上げた。
 緑の風はにこにこ微笑み、しゅるんと僕のぱたぱたの腕に巻きついた。

 わたしは車のおかげで生まれてきたの。緑の風はそう言った。
 だけど、わたしの代わりになにかが消えてしまったわ。
 そうなんでしょう? と緑の風は僕に訊いた。

 僕はその通りだ、そして、それは悲しいことだと頷いた。
 教えて頂きありがとう、あなたは優しい人なのねと、緑の風はそう言った。
 そろそろ腕を下ろすとどうかしらと、にこりと笑ってそう言った。

 僕は言われたとおりにぱたぱたの腕を下ろす。
 すっかり晴れ渡った大地はどんどん眠りに落ち始めていた。
 素敵な天気で僕はいま嬉しいし、なんだか楽しい気持ちだよ。

 僕はなんともなしに、感じたうたを口にした。
 なんだかわたし、あなたが気に入ってしまったわと、緑の風はそう言った。
 僕はわけがわからず、にこりと微笑んだ。

 緑の風はするすると僕の身体になめるように絡まりついた。
 僕は爽快な心地で、朝を泳いでいるような気持ちだよと言った。
 嬉しいわ、できればこれも頂いてと、緑の風は呟いた。

 僕が緑の袋を開けると、そこには綺麗な緑の飴玉が入っていた。
 ころっとひとつを取り出すと、緑の袋は空っぽになり消え去った。
 僕が緑の飴玉を空に透かすと、それは綺麗な黄金色に輝いた。

 いただきます、僕はぽつりと呟いた。
 僕には、それがとっても大事なものであることがわかった。
 ころころと飴玉を舌の上で転がしながら、僕はぶんぶんと両手を振り上げた。